トップ

賃貸物件を退去する際には

賃貸物件退去時には

物件

賃貸物件退去時の敷金を意識する

大学生活のスタートや新社会人による上京、又転勤など1年を通して賃貸物件を借りて引っ越すことが毎日のように行われています。新しい生活を始めることは気分的にも高揚し、自分の部屋をいろいろアレンジしてしまいがちですが、いつか引っ越しをする可能性を秘めており、退去時に掛かってくる敷金を意識して生活することがある程度必要です。賃貸物件の退去時は借主に原状回復義務が発生し、入居時状態に部屋を戻す責任が生じます。普段の生活レベルでの細かな傷などは特に問題となりませんが、例えばフックを取り付ける為に壁に少し穴をあけるなど故意・過失のものについては敷金から代弁されてしまう為、返還額が少なくなってしまいます。快適な生活を送る為の工夫は必要ですが、退去時の敷金額を極力減らさない工夫をする生活を送る事も必要です。

引っ越し前に室内をチェックする

賃貸物件は引っ越しで出て行くときに敷金の清算をすることになります。壁紙やフローリングの傷やサッシのへこみ、住宅設備の劣化や畳の劣化などによって敷金からお金が引かれることになってしまうので、入居前にはどの程度の傷があるかをしっかりと見ておくことが大切になります。入居前からある劣化や傷などが原因で敷金を減らされてしまうこともあるので、賃貸物件を契約した時には引っ越し前に一度、気になる傷の記録をとっておくことが重要になります。写真などを撮っておけば証拠としても十分となるので手間はかかりますが写真と撮っておくと良いでしょう。

新着情報

↑PAGE TOP